運転に大きく関わるレバーとペダル

私たちは普段からよく車を利用することが多くあります。また多くの方が、ご自分で車を走らせて、毎日を過ごされているのです。ごく最近では車の自動化が進み、自走式のものが開発されていたりします。しかしながらこのような車の量産はまだまだ先の話であり、今しばらくはやはり私たち自身が車を操作していかなければならない状況にあるのです。
車に乗り込むと色々な装置があることが分かります。例えばハンドルであったり、足の方にもペダル類があったりもします。これらの装置を運転上では正しく操作していかなければなりません。よく人間の性格上、だいたいこのくらいでいいや、というような感じで判断されたりすることがあるのですが、車を走らせる上でこのような考えをしているのでは困ります。車の操作を大体という考え方でしているとしたら、必ずそれは交通事故という形でその方に反ってくることでしょう。操作は確実にしていかなければなりません。
基本姿勢がしっかりと取れるように、ハンドルは両手でしっかりと持ち、席には深く腰掛けるようにします。チェンジレバーをずっと持っているような片手ハンドルはしないようにします。足のペダル類も操作が確実にできるように、スニーカーのような靴が良いでしょう。サンダルやハイヒールはペダル類が踏めなくなる恐れがあり、危険です。