車のギヤチェンジをするシフトレバー

車のギヤチェンジをするために設けられているシフトレバーですが、マニュアル車の場合ではかなり利用頻度の高いものとして知られています。

発進する際には1速に入れて、自動車が動くと2速にギヤチェンジを行い、その後は速度に応じて適切なギヤに入れることが求められています。

かつての古い時代では、マニュアル車が多く活躍をしていたために、シフトを交換することが流行したこともあります。

例えば純正品のシフトから社外品でブランド品のシフトへと交換したり、ドレスアップの一つとしても活用されてきました。

現在では、オートマチック車が主流になっており、以前よりはシフトに拘ることが無くなりましたが、その一方で、充実した機能を持ったシフトが登場しています。

中にはオートマチックとしてドライブレンジに入れて走行していると、そのまま停車するまでは一切触れることが無いというケースも見られますが、車種によってはマニュアルモードが設定されているものがあり、ギアをマニュアル車のように自由に切り替えることを可能としているものが用意されています。

また、フロアシフトと呼ばれる一般的なものから、インパネシフトと言って、インパネに設置されているものや、よりステアリングに近い位置に設置されているコラムシフトなどがあり、車種によって適切なものが選択されています。–¼Ì–¢Ý’è-2

コメントは受け付けていません。